構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら

JVISION紹介セミナー

株式会社JSOL主催

LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2016

2016年11月8日(火)~9日(水)、株式会社JSOL主催
「LS-DYNA&JSTAMPフォーラム2016」が名古屋 東急ホテルにて開催されます。

テラバイト紹介展示商品:
筋骨格シミュレーションソフト「AnyBody」
熱成形シミュレーションソフトウェア「FormView」

テラバイト発表

[強度・衝撃セッション] 11月8日(火)13:30-14:00

「鉄筋コンクリート構造物への航空機衝突解析による燃料飛散の評価」

株式会社テラバイト 技術部 マノチユ マドウラペルマ
鉄筋コンクリート構造物への航空機衝突では、構造物への衝撃による建物の損傷とその後の火災による損傷が大きな被害をもたらす要因である。航空機衝突による構造物の火災解析では、燃料タンクの破断シミュレーションおよび燃料飛散の評価が必要になる。本研究では、SPH粒子を航空機燃料と機内搭載物としてモデル化し、RC構造物の損傷度合に対するモデル化の影響だけでなく、構造物の火災解析のための燃料飛散について検討した結果を報告する。

テラバイト発表

[新領域セッション] 11月9日(水)13:00-13:30

超高磁場生成解析の検討II」

株式会社テラバイト 技術部 竹越 邦夫
電磁成形は電流によって生じるローレンツ力を利用する導電性金属を高速に成形させる手法である。電磁成形では、誘導電流、ローレンツ力、温度変化、高速大変形などの様々な物理現象が同時に複雑に起こる。このため、電磁成形の解析には高度な連成解析技術が要求される。LS-DYNAでは、バージョンR7から磁場ソルバーが利用可能となっており、LS-DYNAのみで熱-構造-磁場連成解析が可能である。電磁成形技術を利用した超高磁場生成法に関する解析検討を報告する。

■ 主 催
株式会社JSOL
■ 日 程
2016年11月8日(火)~9日(水) 終了
■ 会 場
名古屋 東急ホテル
■ 定 員
400名
■ 参加費
ユーザー様  無料
一般       54,000円(消費税込)
■ お申込み
お申込みは終了いたしました。
  • スケジュール
  • セミナー&イベント
  • LS-DYNA技術セミナー
  • LS-DYNA操作セミナー
  • Jvisionセミナー
  • HyperWorksセミナー
  • PreSysセミナー
  • AcuSolveセミナー
  • FloEFDセミナー
  • BlowView/FomViewセミナー
  • INTEGRATED 電磁界ソフトセミナー
  • AnyBody紹介セミナー
  • AnyBodyトレーニングセミナー
  • 基礎構造講座
  • セミナー履歴

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.

CAEセミナー