構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
AnyBody モデリング
人体メカニズムのモデリングをおこなうソフトウェアシステム

FloEFDシリーズ 熱流体解析ソフト

ホーム > 筋骨格モデリング解析 > AnyBody > 適用例 > 人持ち上げの解析例

  適用例

人持ち上げの解析例

2体以上のモデル本事例では、2体以上のモデルを使った解析例として、人を持ち上げる場合、持ち上げた人と持ち上げられる人にかかる負担を解析しました。

この例では、一定速度で持ち上げた場合と、加速度を付けて持ち上げた場合の2ケースで負担を比較しています。

持ち上げる人と持ち上がる人を同時に解析することが可能です。

① 解析条件

持ち上がる方向の変位の様子

時間 : 1秒
体格 : 持ち上げる人 身長180 cm, 体重75 kg
     持ち上がる人 身長150 cm, 体重50 kg

ケース1. 一定速度で持ち上げる
目的 : 持ち上げ時のそれぞれの人の負担を見る

ケース2. 一定加速度で持ち上げる
目的 : 加速によるそれぞれの人の負担の変化を見る

② 結果の比較

筋活動量

持ち上げる人の筋活動量は大きく、持ち上がる人は姿勢を維持するための少しの筋活動がありました。
一定速度で持ち上げるよりも加速度を付けて持ち上げると両者の負担が大きくなりました。

筋活動量

椎間にかかる力

持ち上げる人の筋活動量は大きく、持ち上がる人は姿勢を維持するための少しの筋活動がありました。
一定速度で持ち上げるよりも加速度を付けて持ち上げると両者の負担が大きくなりました。

椎間にかかる力

動画 ケース1 一定速度で持ち上げる様子   動画 ケース2 一定加速度で持ち上げる様子

  • 概要
  • 特徴
  • 稼働環境
  • 適用例
  • 動画ギャラリー
  • 紹介セミナー
  • トレーニングセミナー
  • アプリケーション
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

AnyBodyフォーラム

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.