構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
SASSI 振動解析
動的地盤-構造物連成振動解析のスタンダードソフトウェア

SASSI 地盤・構造物動的相互作用解析プログラム

ホーム > 構造解析 > SASSI > Q&A

  Q&A

1. UC Berlley で開発された元のSASSIコードに対して、SASSI 2000で機能強化されたものは何ですか。
  • ・インピーダンス行列を計算するために、効率の良いサブトラクション法の使用。  
  • ・構造物のCAD表示ファイルの自動作成。
  • ・応答スペクトルの可変減衰。
2. 元のSASSIプログラムで実行させたSASSIジョブのデータファイルは、SASSI 2000 で使用できますか。
  • データファイル仕様はほとんど同じままですが、以下のようないくつかの変更があり ます。
  • HOUSE モジュール
    カードC.3, パラメータNIMPに対して、NIMP=3を指定することにより、3番目の選択として、新しいサブトラクション法が使用できます。
  • ANALYSモジュール
    カードE.2, 変数NPRINTとNUMFRの順序が入れ替わりました。 カードE.3, 節点カードが新しいタイプになりました。
  • MOTIONモジュール
    カードG.2, 新しいパラメータN411とN75が追加されました。 カードG.5.1 および G.5.2 応答スペクトルの可変減衰に対するカードが、新しいタイプになりました。 カードG.7 時刻歴がMOTIONモジュールの入力データセットで、直接読まれる代わりに、別のファイル(SASSI.T14) から読めます。
  • STRESSモジュール
    カードH.5, 時刻歴とその名称が、STRESSモジュールのデータセットの代わりに、別のファイル(SASSI.T14) から入力されます。
3. SASSI 2000を使用するのに、どんな計算ファシリティーが必要ですか。
  • SASSI 2000を使用するためには、適度のコンピュータリソースで十分です。
  • ・入力ファイルを作成するためのテキストエディター。できれば、入力を容易にするために行番号と列番
      号をもつもの。
  • ・SASSIの入力ファイルを用意するのに役立つSHAKEプログラムあるいはそれに類似のプログラムへの
      アクセス。
  • ・SASSIマニュアルを参照するために、PDFリーダープログラム。もしPDFリーダーを持っていなければ、
      Adobe Acrobat Reader をダウンロードすることができます。
  • ・ダウンロードした結果を解凍するために、ZIP解凍プログラム。
  • ・構造の3次元表示を見るためのDXFファイル表示プログラム。適切なCADプログラムが利用できないと
      きは、AutoDeskのDWG/DWF/DXF ファイルビューアVolo[tm] View Express がフリーダウンロードで
      きます。
※SASSIは、カリフォルニア大学を代表する評議員との契約に従って、Isatis, LLCが作成、頒布しています。
  • 概要
  • 機能
  • 適用例
  • 解析事例
  • Q&A
  • 稼働環境
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.