構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 粘弾性効果

  LS-DYNA 解析事例

【粘弾性効果】

ゴム材や樹脂は粘弾性と呼ばれる材料特性を有しております。LS-DYNAではこの特性を表現する構成側をゴム材料(超弾性材料)に対しては Mooney-Rivlin、Ogdenモデル等9種類、樹脂材料等(粘弾性材料)に対してはMaxwell/Kelvin、Prony級数による粘弾性 体、等6種類で対応いたします。

以下の例はゴムスイッチを押し下げた時のスイッチの挙動です。このような強い形状非線形性が表れている場合でもLS-DYNA(陽解法)は追従していきます。

粘弾性効果

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.