構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 空き缶の座屈解析

  LS-DYNA 解析事例

【空き缶の座屈解析】

各ケースの時間-荷重関係空き缶を鉛直方向に圧縮し座屈荷重および座屈形状を評価した解析例です。
座屈解析では初期形状等のわずかな誤差が座屈挙動の起因となります。
板厚、基本形状、材料物性が同じ解析データであっても初期不整を考慮すると初期の座屈箇所が底部から胴部へと変化します。
また、空き缶の底部に加工硬化を考慮した場合、底部の強度が上昇するため初期の座屈箇所は胴部となります。

【初期不整及び加工硬化を考慮しない場合】
【初期不整考慮】
底部の塑性ひずみ分布
【底部の塑性ひずみ分布】
【底部の加工硬化考慮】
  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.