構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 多段加工+しごき解析

  LS-DYNA 解析事例

【ひずみ履歴を考慮した破壊解析(SAMP-1、MAT_ADD_EROSION)】

シャルピー試験(JIS K7111-1/1eU および JIS K7111-1/1eA)の破壊挙動を解析した事例を紹介します [参考文献 1.2]。
材料はポリカーボネートです。解析では下記2ケースの破壊モデルを検討しています。

ケース(a) 通常の破壊構成則(塑性ひずみを破壊の判定値とする)
ケース(b) 増分型破壊構成則(塑性変形の履歴より、破壊を判定。Incremental formulation of failure)
[参考文献 3]


ノッチ有の、試験及び解析結果の破壊状況を表1に示します。
ノッチ有り試験片では、ケース(a)、ケース(b)いずれもヒンジ破壊試験結果を再現しています。(図1)


 

【表1:試験及び解析 破壊挙動の状況】

【図1:ノッチ有りシャルピー試験結果と解析結果】 

ノッチ有り、無しのシャルピー試験結果を図2に示します。

図3に示すように、ノッチ無し試験片の解析では、ケース(a)は破壊を示し、ケース(b)は破壊をせず試験結果を再現しています。

【図2:試験結果】 (左)ノッチ有り シャルピー試験結果(ハンマーのエネルギー: 4 J) 10本中9本ヒンジ破壊
(右)ノッチ無し シャルピー試験結果(ハンマーのエネルギー: 15 J)  全て破壊挙動なし


          

【図3:ノッチ無しシャルピー試験と解析結果】

この2つの解析結果から、ケース(b)増分型破壊構成則による破壊考慮の方が、ノッチ有り・無しの試験結果を反映しており、
有効と言えます。


【図4:ノッチ無しシャルピー試験解析】

参考文献

  1. Kunio TAKEKOSHI and Kazukuni NIWA, “A study on preparation of failure parameters based on incremental formulation”,JSME 26th Computational Mechanics Division Conference CMD2013, in preparation, 2013
  2. P. A. Du Bois, et al., “A comparative review of damage and failure models and a tabulated generalization”, 6th European LS-DYNA Users’ Conference Proceedings, keynote10, p75, 2007
  3. 竹越 邦夫、丹羽 一邦:CAEシミュレーションにおける樹脂用材料構成則とその検証事例, シミュレーション, 29-4, 43/44, 2010
  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.