構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 鍛造解析 3

  LS-DYNA 解析事例

【鍛造解析 3】

鍛造解析のような大変形を伴う計算では、計算途中でメッシュを作り直す作業(リメッシュ)が有効です。
LS-DYNAの通常のリメッシュ機能では、変形の大きな箇所、小さな箇所に関係なく、 リメッシュ対象部品は一様にリメッシュされます。このため、要素数が膨大となりやすく、計算時間が長くなる恐れがあります。
一方、MPP版LS-DYNAでは、メッシュの粗密を考慮したリメッシュ機能が利用可能です。
この機能を利用することで、大変形を伴う計算を効率良く進めることが可能です。

リメッシュなし
						  リメッシュあり  リメッシュあり(粗密機能)

ケース名 ソルバータイプ 並列計算CPU数 計算時間
リメッシュなし SMPソルバー 6 1時間58分
リメッシュあり SMPソルバー 6 11時間43分
リメッシュあり(粗密機能) MPPソルバー 6 2時間57分

 

 

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.