構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 破壊現象

  LS-DYNA 解析事例

【破壊現象】

LS-DYNAでは事実上全材料物性モデルに対して破壊を考慮する事ができます。

破壊基準としては①圧力、②最大主応力、③相当応力、④最大主ひずみ、⑤せん断ひずみ、⑥Tuler-Butcherの破壊基準による基準応力値と破壊判定値、があります。

これらの破壊基準は各々独立に与える事ができ、そのうち一つが満足されれば要素を消去されます。つまりせん断される訳です。

この破壊基準はユーザーが選択しますが、破壊基準に対する実験値などは無いのが現状です。この機能を使用するには十分な準備が必要です。

以下はここで説明した要素の破壊を考慮した解析例です。

破壊現象

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.