CAEメールニュース(No.2017-3) 


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃CAEメールニュース(No.2017-3)                              2017.3.22┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
Terrabyte Co.,Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆中国国内におけるCAE業務案内◆

弊社では、中国国内でのCAE業務のお手伝いをいたしております。
HyperWorks、FloEFD、BLOWVIEW/FORMVIEW、DYNAFORM、Presys、ACS SASSIなどの販売
及び受託解析を行っております。中国国内に関わらず、日本国内との連携含めてお役
に立てることが御座いましたらご連絡ください。
中国国内では日本語、中国語にてサポートさせていただきます。

詳細はホームページからご確認ください。
http://www.terrabyte.co.jp/company/shanghai.htm
テラバイト(上海)ホームページ
http://www.terrabyte.cn

╋INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今月のトピック
╋テラバイト技術通信 1「人間と環境の相互作用の解析ソリューション紹介」
╋テラバイト技術通信 2「OpenFOAMにおけるインクジェット解析」
【2】CAE技術情報
╋CAEソフトウェアを使いこなそう 第3回 最適化計算の構築
~ディスク共有リモートジョブ(1) ~
【3】CAEセミナー・イベント情報
【4】エッセイ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌┐
└■ テラバイト技術通信 1「人間と環境の相互作用の解析ソリューション紹介」——–

人間と環境の相互作用の解析ソリューションはご存知ですか。
当社の取扱っているソリューションは、デンマークAnyBody Technology社が開発している
“AnyBody Modeling System”と言います。
「Man―Machine(ヒト―機械系)」と 「Man―Environment(ヒト―環境系)」の様な、
人間と外部環境の相互作用を解析するための筋骨格モデリングソフトです。

AnyBodyの特徴は、何でしょうか。
筋肉800本以上が含まれている最新鋭の人体モデルを利用します。さらに、人体モデルは、
その定義ファイルに完全アクセスと編集が可能です。モデルの自由度が高いため、様々な
歩行パターンやアシスト装置、自動車シートの快適さ等、様々な状況をモデル化して解析
することができます。

どのような問題を解決できますか。
基本的には、ある動きによる、体内で生じる内部力(筋張力、関節にかかる力など)を求
めることができます。また、自動車とアシスト装置のような環境との相互作用力も評価す
ることができます。人間のために最適化される商品設計、快適さとパフォーマンスの評価、
人口統計に基づく最適化、あるいは人工関節の設計で生じる患者固有の課題など、解決す
ることができます。

筋骨格解析は、シミュレーションを基にした、「ヒトに優しい商品開発」において、重要
で不可欠な分野になると考えられています。そして、AnyBodyは筋骨格解析分野のリーダー
としての立場を確立しています。弊社が月に一回開催する紹介セミナーに参加してみませ
んか。
http://www.terrabyte.co.jp/AnyBody/anybody_semi.htm

┌┐
└■ テラバイト技術通信 2「OpenFOAMにおけるインクジェット解析」—————-

OpenFOAMはGPLに準拠したオープンソースのソルバーです。
VOF法も組み込まれており、自由表面の計算も可能です。
(自由表面とは、空気と水のように密度が極端に異なる界面です)

例えば、OpenFOAMではインクジェットの計算も多数行われています。
一般的に、インクジェットの液滴のように、高速で運動するマイクロスケールの計算では、
計算時間がかかるため、並列計算が必要になります。複数の液滴を連続して吐出から着弾
まで実施する計算であっても、OpenFOAMはライセンス費用がかからないため、マシン環境
さえ整えれば、問題なく計算する事ができます。また、OpenFOAMは4種類の流体(空気、
水、油、水銀等)のVOF解析が可能なため、物性の異なる複数のインクの着弾解析も実施
できます。

参考アニメーション
http://www.terrabyte.co.jp/HELYX/exe-helyx/helyx-sample10.htm
http://www.terrabyte.co.jp/HELYX/exe-helyx/helyx-sample11.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌┐
└■ CAEソフトウェアを使いこなそう 第3回 最適化計算の構築
~ディスク共有リモートジョブ(1) ~

最適化計算では比較的時間のかかる数値計算を多数回実行する必要があります。そのた
め、最適化ソフトはローカルのWindowsマシン上で起動し、数値計算はリモートのLinux計
算サーバーで実行したい場合がしばしば生じます。このときWindowsマシンとLinuxマシン
がディスク共有している場合は比較的容易に最適化計算の実行環境を構築することができ
ます。ただしWindowsマシンからリモートジョブを投入するためのバッチファイルと、
Linuxマシンでジョブをリモート実行するためのシェルスクリプトが必要となるので、設
定はやや複雑になります。そこでこのような最適化計算環境の構築方法について数回に分
けて解説します。まず、Windows用のバッチファイル(ファイル名をopt_win.batとします)
は次のようになります。

@echo off
set LINUXDIR=%1
set INPUT=%2
set QUEUE=%3
set NODE=%4
set PPN=%5
set CHECK_INTERVAL=%6
set WINPATH=design_path
set JOBNAME=job_name
set HOST=machine1
set USER=user1
set SSH1=c:\cygwin64\bin\ssh.exe
set JOB_EXEC=job_lnx.sh
%SSH1% %HOST% -l %USER% cd %LINUXDIR% ; ^
./%JOB_EXEC% %JOBNAME% %LINUXDIR% %WINPATH:\=/% %INPUT% %QUEUE% %NODE% ^
%PPN% %CHECK_INTERVAL%

上記のバッチファイル内で、1行目の@echo offは前回ご説明しました。2行目から7行目に
ある%1~%6は、最適化ソフトからバッチファイルを実行する際の引数になります。例えば
HEEDS V.6.0ではAnalysis ManagerダイアログのExecution Fileボックスにopt_win.batを
入力します。そしてCommand Line Optionsには6個の引数を次のように入力します。

/disk1/work input.k queue1 1 8 10

LS-OPT V.5ではStageダイアログのCommandボックスにバッチファイル名と引数を並べて

opt_win.bat /disk1/work input.k queue1 1 8 10

のように入力します。ここではLinuxマシン上のジョブ管理システムとしてOpenPBSを使用
していることを想定しています。第1引数はLinuxマシン上で計算を実行するディレクト
リー名、第2引数は解析ソフトウェアの入力データのファイル名、第3~第5引数はOpenPBS
でジョブを投入する実行キュー名、ノード数、プロセッサー数になります。このあたりは
ご使用のジョブ管理システムに合わせて変更する必要があります。
第6引数はWindows側でLinux上のジョブが終了したかどうかをチェックするために必要に
なります。(次回に続く)
(S.T.)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌┐
└■ CAEセミナー・イベント情報—————————————————-

当社では解析ソフトをより有効にご活用いただくことを目的とし、各種セミナーを開催い
たしております。各ソフトの操作性や機能をご確認いただく場として、お気軽にお申し込
みください。

□ ブロー成形・樹脂シート熱成形プロセス解析ソフトウェア
「BlowView」/「FormView」紹介セミナー (3/28・4/25 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/BlowView/seminar1.htm

□ LS-DYNAプリポストプロセッサ「Jvision」操作セミナー (4/4 東京)
※当社のLS-DYNA/JVISION保守ユーザ様限定のセミナーです。
http://www.terrabyte.co.jp/Jvision/Jvision_semi.htm

□ 電磁界解析ソフト「INTEGRATED 電磁界ソフトウェア」 無料体験セミナー (4/5 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/IES/IES-seminar1.htm

□ 筋骨格モデリングシミュレーション「AnyBody」 紹介セミナー (4/7 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/AnyBody/anybody_semi.htm

□ 「基礎構造講座」-衝撃工学の基礎-(4/11・12 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/seminar/strcture_semi.htm

□ 非線形構造解析ソフト「LS-DYNA」操作セミナー (4/13 東京)
※当社のLS-DYNA保守ユーザ様限定のセミナーです。
http://www.terrabyte.co.jp/lsdyna/LS-DYNA_seminarN.htm

□ 汎用熱流体解析ソフトウェア「AcuSolve」 紹介セミナー (4/14 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/Hyper/AcuSolve_seminar.htm

□ 非線形構造解析ソフト「LS-DYNA」技術セミナー
「塑性加工セミナー 応用編」(4/20 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/lsdyna/LS-DYNA_seminar1.htm

□ 筋骨格モデリングシミュレーション「AnyBody」 基礎トレーニングセミナー
(4/26 東京) ※Anybodyの学生ユーザ様限定のセミナーです。
http://www.terrabyte.co.jp/AnyBody/anybody_semiN.htm

□ 設計者のための熱流体解析ソフト「FloEFDシリーズ」
紹介セミナー&無料体験ワークショップ (4/28 東京)
http://www.terrabyte.co.jp/FloEFD/EFD-seminar1.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌┐
└■ エッセイ「今時の宿題対処法」————————————————-

皆様、期末の繁忙期になりますがいかがお過ごしですか?弊社はおかげ様でフル稼働の
日々が続いています。
ニュースでは、物騒な事件がたくさん 報道されていますが我が家は平和なもので、先週
の土日も子供の宿題の手伝いをしていました。宿題の内容も懐かしいもので、磁石を使っ
て作成するオモチャの設計図を作ってくださいというものです。
自分も理科(図画工作だったかも?)の授業で、画用紙に迷路を書いて、裏から磁石で車
の模型の様なものを動かしたなぁ…という話を子供にしていたら、妻から『アイデアとし
て平凡』というキビシイ意見があり、『魚にクリップを通して、ハシの先端にひもと磁石
をつけて魚釣りゲームは?』と話すと、失笑されました。結局、子供がgoogleを検索して
的当てゲームのようなものを設計図に書いているのを見て、時代だなぁと一人呟いていま
した。…ん?もしかして私、宿題の手伝いしてない?(^^;)
K.Kawase
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌┐
└■ 購読者アンケート ————————————————————

購読者様へCAEメールニュースについてのアンケートをお願いしております。
ぜひご協力ください。

http://www.terrabyte.co.jp/example/mailnews/mailnews_sformmail.php

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

━━━<編集後記>━━━━━━━━━━………………‥‥‥‥・・・・・・ ・ ・ ・ ・
そろそろ冬ものをクリーニングに出そうかと思っているところです。が、3月終盤とはいえ
まだ寒い日もありますので、ちょっとタイミングが微妙ですね。先走りすぎて風邪をひかな
いようにしましょう!
E.Ikeda
・ ・ ・ ・ ・・・・・・‥‥‥‥………………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ CAEメールニュースは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して毎月20日発行
・無料で配信しております。
☆ メールアドレスの変更・配信停止手続は http://www.mag2.com/m/0000007074.htm
からお願いいたします。
☆ 本情報は、予告無く変更される場合があります。最新情報に関してはテラバイトHP
からご確認ください。http://www.terrabyte.co.jp
☆ 掲載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。
☆ 掲載記事の無断転載を禁じます。文中の商標等は各社に属します。
☆ 発行:(株)テラバイト 東京都文京区湯島3-10-7 NOVビル5F 編集担当:池田 絵美
☆ 発行者Webサイト: http://www.terrabyte.co.jp
☆ Copyright(c) Terrabyte Co.,Ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━