構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
電磁界解析 FEKO
アンテナの設計と配置、およびRCS のた めの最先端のシミュレーションツール

電磁界解析ソフト FEKO

ホーム > 電磁界解析 > FEKO

  概要

HyperMeshFEKOは高周波電磁場の問題解決に特化したソフトウェアです。 多種多様なソルバーが用意されており、解析対象に対し最適な手法を選択することでアンテナ設計、配置検討、レーダー反射断面積演算、RF機器設計、システムとケーブル管の電磁適合性(EMC)解析など幅広い問題に対応します。

  機能

FEKOの主要コンポーネント

CADFEKO :
モデル作成/インポート、定義、計算実行、および出力仕様

CADFEKOの特徴

  • さまざまな幾何学の定義
  • 三角形、四面体、ボクセルのシミュレーションメッシュを生成
  • 様々なCAD形式やメッシュ形式のインポート / エクスポートなどに対応

Solver: 電磁波解析計算

○ 周波数ベース解法

  • MoM : 境界要素法 (ハイブリダイゼーション解法に使用される事も多い)
  • MLFMM :MoMを高速化した手法
  • FEM :有限要素法(複雑な材料領域の解析に使用)
  • PO/RL-GO/UTD :高周波近似解法(電磁波長的に比べ非常に大きい現象の解析に使用)

○ FDTD :時間領域差分法

○ ハイブリダイゼーション解法(各種解法を同時に1つの解析で用いる)
   ※ 1ライセンスで以上のすべてのソルバーを使用できます

FEKO解析手法

タッグ(移動アンテナ)とフェリカカードの近接場電磁界解析
アンテナの配置評価 船舶モデルはMoM法とUDT法を使用
ミサイルアンテナのモデリング
マイクロストリップアンテナアレイ
(FEMを使用)
L帯用アンテナの3次元 放射パターン
表面電流分布 導電率、誘電率を考慮した複合材(繊維・エポキシ)シミュレーション
幾何光学を使用したアンテナ設計


 
スマートフォンのアンテナ設計

最適化機能

  • 遺伝的アルゴリズム、粒子群アルゴリズムなどを用いて、多変数・多目的問題の最適化を自動化
  • ・HyperStudy との連携

POSTFEKO: 解析結果ポスト処理

  • 2次元及び3次元結果を一つに統合
  • 解析途中の結果を自動更新
  • スクリプトを含む高度な3次元データ操作
  • 時系列結果の表示
  • 既存の周波数領域結果も時刻列に変換表示
CAD インポート/エクスポート
インポート
ACIS、Pro/ENGINEER、AutoCAD、 DXF、 drawings、STEP、CATIA V4、Unigraphics、CATIA V5、ODB++、IGES、3Di、Parasolid、Gerbe
エクスポート
ACIS、CATIA V4, V5、IGES、Parasolid、STEP
メッシュ インポート/エクスポート
インポート
ABAQUS、GiD、ANSYS CDB、NASTRAN、ASCII Data Format、NEC、AutoCAD DXF、PATRAN、Concept、STL、FEMAP、 Neutral
エクスポート
NASTRAN、STL、Gerber Mesh、AutoCAD DXF mesh Boundary

  稼動環境

※開発元:米国 Altair Engineering, Inc.
  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • HyperWorks
  • License Checker
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.